会社概要・沿革

阿波和紙の伝統を受け継ぎ、新しい文化の創造へ

創業 安政2年(西暦1855年)
設立 昭和59年10月
代表者 山根正伍
資本金 2,150万
社員数 20名
所在地

本社・工場/徳島県吉野川市山川町堤外35-6→MAP
東京営業所/東京都台東区元浅草1丁目2番1号フラワービル2階 →MAP

(東京営業所窓口 : 小林 藍)

営業品目 包装材料全般
取引銀行 日本政策金融公庫・徳島支店
阿波銀行・山川支店
伊予銀行・徳島支店
三菱UFJ銀行・徳島支店
関連会社 平成元年(有)ワイエスクラフト分離設立
資本金/300万
所在地/徳島県吉野川市山川町堤外35-23

沿革

安政2年 山根國蔵 現在の吉野川市山川町川東 166-1に、手漉き和紙業を創業
明治 山根佐蔵
明治 山根忠八
明治~昭和 山根文兵衛
昭和24年 山根文夫 手漉き和紙より分離し、本格的に包装資材の加工を始める。
昭和55年 山根正伍 代表取締役
昭和56年 山川町前川78-1に工場新施設移転
昭和59年4月 組織変更、株式会社山文設立
山根正伍 代表取締役
平成 8年4月 包装資材加工物流センター建設事業として、ふるさと財団、中小企業金融公庫の融資を受け、山川町字堤外35-6に新工場新設、移転
平成13年9月 ベトナム国GENERALIMEXより研修生受入事業を開始
平成16年2月 中小企業庁 中小企業経営革新支援法により、経営革新計画の承認を受ける。
平成17年10月 ISO9001をJQAより認証取得
平成20年8月 資本金 1750万円 増資
平成20年12月19日 地域資源活用事業計画認定
四国経済産業局より
平成21年8月 資本金 2150万円 増資
平成21年9月4日 経営革新計画認定 徳島県より
平成21年9月15日 農商工連携ファンド事業認定
徳島県より
平成21年10月 山文 東京営業所  開設(東京営業所窓口 : 小林 藍)
平成22年1月13日 FSC森林認証取得 
平成22年3月22日 FSC森林認証 認証範囲の拡大
平成23年4月 阿波和紙を使ったインテリア雑貨としての貼箱関連製品のデザインおよびプロモート事業で、公益財団法人とくしま産業振興機構より「とくしま経済飛躍ファンド事業」認定を頂きました。
平成23年8月 寮完成
平成23年10月14日 ISO9001認証 登録活動範囲の拡大
ISO9001認証 関連事業所の拡大(東京営業所)
平成23年11月1日 PAPER STORAGE COMPANY 新ブランド販売開始
平成23年12月21日 日本政策金融公庫より地域資源活用支援融資1,000万円を受ける
平成23年12月21日 地域産業資源活用事業計画に係わる手貼り作業場の拡大改造工事3月完成予定
平成24年2月 1F事務所を2Fへ移転。共有スペースリフォーム。→新事務所の様子
平成24年4月 阿波和紙と貼箱技術を使った新しいステーショナリー商品の開発・販路開拓およびブランド化事業で、公益財団法人とくしま産業振興機構より「とくしま経済飛躍ファンド事業」認定を頂きました。
平成25年1月 中小企業基盤整備機構より、専門家継続派遣事業による専門家派遣の支援を頂きました。 →支援を頂きました。
平成25年2月 四国経済産業局より、地域資源活用計画「阿波和紙と貼箱技術を使った新しいバック等の開発・製造・販売」の認定をいただきました。 →認定書をいただきました。
平成26年2月 手差し抜き機 1200x600幅 導入。

お気軽にお問い合わせください

このページの先頭へ